カラフルな世界、モノクロの日常

鉄道、城、サッカーなど、自分が興味を持っていることを思うがままに書いています。yahooブログ終了に伴い、はてなブログに引越ししてきました。

引退が決まった381系「やくも」

 

4月30日、岡山9:05発のやくも5号に乗車します。

水島臨海鉄道の後なので、倉敷からでもよかったのですが、どうせなら始発から、ということで。

 

273系の投入により置き換えが決まった381系、新型車両は2024年春以降とのことですので、残り2年ほどです。

国鉄特急色に復元された編成が人気ですが、この列車は「ゆったりやくも」色の7両編成。

 

この塗装、381系によく似合っていると思うのですが、いかがでしょう?

ちなみに、紫色ベースの「スーパーやくも」色好きです。引退までに復元していただけると嬉しいのですが。

あと、灰色に緑と黄の帯のやくも一般色も是非。

 

 

車内は経年の影響は隠せないものの、座席は交換され、シートピッチも改善されているので、乗り心地は今も悪くありません。

自然振り子特有の、グッと振られるような感覚も、今だけと思えば感慨深いものがあるような、ないような。

乗り物酔いが多発したというのは伝説ですが、たしかに乗り心地は独特で、慣れないと酔うかも。



11:17に米子着。

 

中国山地を横断する伯備線を2時間ほどで走破していますので、自然式とはいえ振り子の効果は非常に大きいです。

ちなみに、サンライズ出雲は2時間15分ほどかかっています。

 

 

引退まで2年ほどありますが、私自身はこれが最後になる可能性が高そうです。

 

 

 

↓よろしければクリックをお願いします。ささやかな励みになりますので。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ちばにゅーたうんちゅうおう【駅名しりとり305】

千葉ニュータウン中央 (北総鉄道

 

 

 

千葉ニュータウンは、白井市船橋市印西市にまたがる巨大なニュータウンですが、
掘割の中を進む列車からはその街並みを見ることはできません。
その掘割の幅が広いのは、成田新幹線を想定していたため。千葉ニュータウン中央駅に隣接するように駅が作られる予定でした。
さらに、都営新宿線本八幡駅から千葉県営鉄道の計画もありました。
遠大な構想の名残は、北千葉道路およびソーラー発電所に活用されています。

 

 

 

↓よろしければクリックをお願いします。ささやかな励みになりますので。

にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村

 

 

水島臨海鉄道

岡山に宿泊して、4月30日。6時15分発の糸崎行きでスタートです。

 

倉敷で下車。

 

 

今日最初の目的、水島臨海鉄道へ。倉敷市駅は路地の奥、ビルに隠れるような立地。JRとの位置関係は豊橋鉄道新豊橋駅とよく似ています。

 

6:57発の三菱自工前行は軽快気動車単行でした。国鉄型の生き残りが現役で走ることで有名な水島臨海鉄道ですが、運用は日中で固定されているようです。狙っていけば乗車することは難しくないですが、行楽シーズン混みそうなので、なんとなく敬遠しました。

 

待っている間にサンライズ出雲が発車。

 

旅行客と思しき数名とジャージ姿の高校生をのせて、定刻に発車しました。
すぐに山陽本線との連絡線が合流します。

 

 

水島臨海鉄道は、今では珍しくなった、旅客と貨物の両方を運行する地方鉄道です。
かつては当たり前の姿でしたが、現在は少なくなりました。ほかには三岐鉄道岳南鉄道くらいでしょうか?思い浮かびません。

 

球場前駅で高校生を降ろし、線路は高架線へ。貨物列車があるので、そのアプローチはとても緩やかです。

 

国道2号線岡山バイパスを跨ぐと、一旦地上へ。

 

水島の街に入り、家が増えてくると、再び高架橋となり、2面2線の弥生駅に到着。
行き違い駅ですが、有効長がとても長いです。また、軌道の状態も素晴らしい。重量貨物の通過を想定して道床が厚いのでしょうか。

 

水島駅でコンテナ車を見かけました。ここで残っていた乗客がほぼ下車してしまい、私一人になってしまいました。

 

港東線が分岐。あちらは貨物専用です。

 

高架橋を緩やかに下って、三菱自工前駅に到着しました。

 

1面1線の細いホームに改札口はなく、最低限の設備しかない終着駅です。
通勤時間帯は混むのでしょう。時刻表を見ると、朝晩に列車が集中しており、日中は3時間近く空いています。完全に通勤輸送に特化していますね。

 

 

7:51発の列車で折り返します。

 

三菱自工前駅発車時点では私一人でしたが、水島駅から先各駅で乗車があり、倉敷市駅到着時点では乗車率100%を超えていたと思います。

 

 

一旦岡山まで戻ります。

 

 

↓よろしければクリックをお願いします。ささやかな励みになりますので。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 

 

訪城記 ~津山城~ 【2022.4.29】

津山まなびの鉄道館から津山駅を通って津山城へ。15分ほどで到着しました。

 

津山盆地の中央に位置する津山城は、山全体を石垣で固めた、石垣の名城。そして、櫓が多いことでも有名です。その棟数は姫路城や広島城より多かったとのこと。明治維新後にすべて破却されてしまいましたが、古写真のなかにその姿を垣間見ることができます。
現在は鶴山公園として整備され、桜の名所としても有名です。入場料310円なり。

 

 

公園内に入ると、石垣に囲まれた枡形。

 

180°ターンして石段を登ると三の丸です。

 

二の丸へは表中門を通ります。

これもまた石垣に囲まれた枡形。石段の広さが印象的です。

 

二の丸に入りました。
見上げる本丸の石垣の上には備中櫓。築城400年記念として2005年に復元されたものです。

 

本丸へ。奥の石段は切手門です。
ここまで、枡形を伴う虎口が連続しています。その縄張はとても技巧的ですが、入り組んだ城内を行ったり来たりさせたり、急に通路を細くするような工夫は見られません。この辺りは、名護屋城や石垣山城のような豊臣の城に通じるようなものを感じるのは私だけでしょうか。

 

切手門を通ると、本丸への最後の関門、表鉄門です。

 

この門は、防御施設としての役割のほか、本丸御殿の玄関としての役割もありました。
枡形を通ったのち、櫓門の中を通って本丸御殿に入る――つまり、導線がループしているのですね。

 

これは、縄張上の要請というよりは、手狭な山上の本丸において御殿機能を満たすために櫓内も利用せざるを得なかった、という側面が強いのではないでしょうか?
そして、それは備中櫓を見るとよくわかります。本丸側から見た備中櫓は縁側をもち、内部はいくつもの部屋に区切られて畳も敷かれています。
櫓内も御殿の一部として利用していたのですね、姫路城などにも同様の例を見ることができます。

 

 

天守曲輪へ。


本丸の南西部を区切り、中央には天守台が鎮座します。当時は5層5階の層塔型天守が建てられていました。しかし、4層5階と書かれた本もあったような気がします。これは4層目の屋根を板張としていたことによるもの。分不相応な天守、という幕府の因縁に対する言い訳だったとのことです。

 

雨も完全に上がり、日が差してきました。

 

一方、本丸の東側は工事中。おそらく築城前の地形を利用したものと思われる巨大な石塁には近づくことができません。城の東側の石垣を修理しているようです。

 

 

裏鉄門は、搦手口。

 

石段をおりるとすぐに石段があって、その先に裏中門。搦手側も技巧的な虎口を連続させるという縄張は一貫しています。

 

裏下門を通ると三の丸です。

 

 

時計を見ると、16:37発に辛うじて間に合いそうです。
早足で駅に戻りました。

 

 

 

↓よろしければクリックをお願いします。ささやかな励みになりますので。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 

津山まなびの鉄道館

4月29日。東京6:06発ののぞみ121号に乗車しました。

 

到着した姫路は生憎の土砂降り。9:46発の姫新線、播磨新宮行に乗り換えです。

 

播磨新宮、佐用で乗り継ぎます。

 

12:02津山到着。あいかわらず土砂降りです。

 

それでも、駅を出て歩き始めました。
が、打ち付ける雨はあまりにも激しく、5分ほどで靴はぐちょぐちょ。
・・・心が折れました。

 

 

一旦、駅に戻りました。
津山線の列車は発車したばかり。次は1時間半後です。
待ち時間を利用して代替プランを考えます。宇野往復、瀬戸大橋往復、吉備線井原鉄道乗車などいくつか検討、みどりの窓口に並んだところで外を見ると、若干小降りになって空も明るくなってきた感じです。
夕方には止むという予報だったので、回復に向かっているようです。

 

というわけで、再度駅を出ました。

 


駅から歩いて10分ほど。最初の目的地は「津山まなびの鉄道館」です。


津山機関区の扇形機関庫を利用した施設。ディーゼル機関車気動車を中心に、貴重な車両が保存、展示されています。また扇形機関庫事態も現存例が少なく貴重なもの。機関庫と転車台は近代化遺産、産業遺産としても評価されているようです。

 

 

雨の中ですが、家族での来館者が多く、子供がはしゃいでいました。
また、従業員の人も熱心で、突発的に蒸気機関車の仕組みの説明会が開かれたりして。

 

庫内に入ることはできませんが、その分保存状態は良好です。塗装の割れなどもなく、しっかりメンテナンスされている様子。
天気がよければ、庫内から引き出してくれるのでしょうか?

 

キハ58は車内に入ることができました。様々な改造が入っていますので、国鉄時代の姿そのままというわけにはいきませんが。



各地にある保存車両が、メンテナンスが行き届かず解体されてしまう例が最近多いです。JR東海JR東日本など、所有者が大企業であっても例外ではありません。
明治以降の比較的新しい文物の保存は、それが普遍的で価値あるものとして社会的なコンセンサスを得ることがとても難しい。
古いものは貴重だというありふれた価値観に訴えることができず、しかも、その対象は少し前までは使われていて、ありふれたものでしたから、なおさらです。

 

人間は身近にあるものの価値にはなかなか気づけないもの。例えば、家族とか、時間とか・・・
という哲学的な感傷はスルーして、次に行きましょう。

 

 

 

↓よろしければクリックをお願いします。ささやかな励みになりますので。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村